tnakata's blog

Webエンジニア(2017/01/01~)。プログラミングやWebについて語る。学生時代は航空宇宙工学を専攻してた。

macでipコマンドを使った

自分のipアドレスを確認してみたくなった。ifconfigコマンドはipアドレスが付与されていないインターフェースも出てきて見づらかったし(少なくとも初めて使う自分には)、どうやら現在は非推奨になっているらしいので、ipコマンドを入れることにした。

ifconfigコマンドとipコマンドの違いと比較 - エラーの向こうへ

インストール方法

以下のコマンドでipコマンドを使えるようになる。以下のリンクを参考にした。

Macにipコマンドをインストールする

$ brew tap brona/iproute2mac
$ brew install iproute2mac

$ ip
Usage: ip [ OPTIONS ] OBJECT { COMMAND | help }
       ip -V
where  OBJECT := { link | addr | route | neigh }
       OPTIONS := { -4 | -6 }

iproute2mac
Homepage: https://github.com/brona/iproute2mac
This is CLI wrapper for basic network utilities on Mac OS X inspired with iproute2 on Linux systems.
Provided functionality is limited and command output is not fully compatible with iproute2.
For advanced usage use netstat, ifconfig, ndp, arp, route and networksetup directly.

ipアドレスの確認

ip addrコマンドで確認できる。まだ見方がよくわからないのでxxxで隠す。

$ ip addr
lo0: flags=xxx
    inet6 xxx
    inet 127.0.0.1/8 lo0
    inet6 xxx
en1: flags=zzz
    ether xxx
    inet6 xxx
    inet xxx
awdl0: flags=xxx
    ether xxx
    inet6 xxx

lo0ローカルアドレスen1Wi-Fi接続。